2/24 公開シンポジウムpert.3!『文化芸術基本法とこれからの舞台芸術の役割』

te

『文化芸術基本法とこれからの舞台芸術の役割』

子どもたちに豊かな文化環境を
 文化芸術基本法が制定されたなかで開かれるアシテジアジア大会はこれからの日本の文化芸術活動の方向性を確かなものにする契機です。と同時に二年後の世界大会を視野に入れ、次代を担う子どもたちの「文化環境をどう構築するのか?」「舞台芸術に関わる私たちは何をしたらいいのか?」を児童青少年舞台芸術に関わる多くの人たちで考え、話し合える場にしましょう。
 本シンポジウムでは児童青少年舞台芸術に深く関わり、今を創っている4人のパネラーをお招きしました。文化芸術基本法を基盤にしながら、現実の課題、そして明日の時代を創る子どもたちのために何ができるのかを会場の皆さんと交流しあいながら考えたいと思います。
未知なる未来を確かなものにする第一歩を踏みだしましょう!

「アジア児童青少年舞台芸術フェスティバル2018」公開シンポジウム
テーマ|『文化芸術基本法とこれからの舞台芸術の役割』
日時|2018 年 2 月 24 日(土) 10:00〜12:30(終了予定)
定員|40名
場所|国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟103
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3−1(小田急参宮橋下車徒歩7分)
https://nyc.niye.go.jp/category/access/
参加費|無料
パネラー|ふじたあさや(劇作家・演出家)、大和  滋 (芸団協・参与)、大澗 弘幸 (劇団風の子代表)、西上 寛樹 (劇作家・演出家)
コーディネーター|森田 勝也 (TYA理事)
主催|TYA Japan 日本児童青少年舞台芸術協会
facebookページ|https://www.facebook.com/events/288734444993901/

▼▼参加申込みフォーム▼▼
こちらのリンクからお申し込みくださいませ。
http://tyajapan.com/2018221-2
※定員を超えた場合は、お申し込みを締め切る場合がございます。

■「アシテジ 国際児童青少年舞台芸術協会」について
 「アシテジ」は、国際的な共同とネットワーク形成の推進により、こどもたちの未来と舞台芸術の可能性を拡充する組織です。アシテジは三年に一度の世界大会の開催を行なっており、2020年は、東京での開催が決定しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る